WORKS16 of 45

クリスタルワールドに舞い込んだ境界のない群蝶 / Flutter of Butterflies Beyond Borders in the Crystal World

teamLab, 2018, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

クリスタルワールドに舞い込んだ境界のない群蝶 / Flutter of Butterflies Beyond Borders in the Crystal World

teamLab, 2018, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

光の点の立体的な集合で創られた「群蝶図」。


「クリスタルワールド」に、「境界のない群蝶」の蝶の群れが入ってくると、この作品ははじまる。蝶の群れが空間を出てていき、いなくなると作品は終わる。


この群蝶は、「境界のない群蝶」で人から生まれた蝶と、「グラフティネイチャー」で人々に描かれて生まれた蝶、そして「世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい」で人々によって文字から生まれた蝶が、他の作品のフレームという概念を解き放ち、作品間の境界をなくしながら、他の作品の中をシームレスに飛んで、この空間に入って来た群蝶である。


点描は、点の集合で絵画表現を行ったものだが、これは、光の点の集合で立体物を創っている。光の点で描かれた群蝶が空間を自由無礙に飛び回る。連続した動的なふるまいによる視覚的錯覚によって、身体ごと群蝶に没入し、人々は身体と作品世界との境界をも失っていくだろう。そして、一つの共通の世界が自分や他者の存在で変化していくことで、自分と他者が世界に溶け込んだ一体感のようなものを感じるかもしれない。


作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として、以前の状態が複製されることなく、変容し続ける。今この瞬間は二度と見ることができない。